エキゾチックペットの診療

HOME | エキゾチックペットの診療

ハムスターの診療

不正咬合

 不正咬合は、ハムスターに多くみられる疾患です。切歯(前歯)の噛み合わせが悪くなる事により、歯が長く伸び続け、尖った歯が頬や舌を傷つけてしまう事もあります。また、上部呼吸器疾患の原因となっている事もあります。
 日頃から噛み合わせは絶えずチェックしていく事は大切で、よしむら動物病院では口腔内のチェックは毎回行うようにしています。

臨床症状

 よだれが多く、いつも濡れたようになっている。口まわりが汚れている。
 いつもの食事を食べなくなった。
 食べ方がいつもと違う
 鼻が詰まったように感じる
 前足が汚れている。


肺炎

 肺炎は、重症化しやすい病気です。不適切な温度変化、換気が悪く不衛生な環境などが原因となる事が多いです。また、切歯(前歯)の根尖の異常が原因の1つとなる事もあります。体全体で呼吸したり、お腹を大きく動かすような呼吸で、とても息苦しいのが特徴です。
 重症化すると、完治が難しくなるので、早めに受診しましょう。

臨床症状

 ぐったりし、息苦しい。
 いつもの食事を食べなくなった。
 食べ方がいつもと違う
 鼻が詰まったように感じる
 前足が汚れている。
 目が汚れている。

ハリネズミの診療

皮膚炎

 ハリネズミは、皮膚の炎症、脱針、フケ、痒みなどの皮膚症状は多いです。細菌性の皮膚炎、真菌性の皮膚炎、ヒゼンダニの寄生などが原因となる事が多く、正確な診断と治療をすることにより完治することができます。

臨床症状

 かゆがっている。
 針がよく抜ける。
 皮膚の赤みや、出血がある
 フケが多い。


肺炎

 肺炎は、重症化しやすい病気です。不適切な温度変化、換気が悪く不衛生な環境などが誘因となる事が多いです。呼吸困難(体全体で呼吸したり、お腹を大きく動かすような呼吸)、不自然な呼吸音、食欲の低下などの症状が認められます。で、とても息苦しいのが特徴です。幾つかの細菌感染が、主な原因となります。
 重症化すると、完治が難しくなるので、早めに受診しましょう。

臨床症状

 呼吸音に違和感がある。呼吸困難がみられる。
 いつもの食事を食べなくなった。
 体重が減ってきた。
 鼻が詰まったように感じる
 前足が汚れている。


子宮疾患

 2才以上になると、子宮内膜増殖症、子宮内膜腺癌、子宮腺癌などの子宮疾患の発症率が格段に高くなります。
 治療は、卵巣と子宮を摘出する外科手術となりますが、出血による貧血、子宮が大きくなることによる臓器の圧迫、悪性腫瘍の転移による影響などにより、周術期のリスクが高くなります。
 この病気は、早期の発見と子宮卵巣摘出術による治療が重要です。当院では、ハリネズミの子宮卵巣摘出術を実施しています。雌で尿に血が混じる事がありましたら、はやめに受診をお願いします。

臨床症状

 血尿がある(尿に一部血が混じる。大量出血の場合は、赤色尿)
 食欲は変わらないが、体重が減少する。
 食欲がなくなった。
 お腹が張っている

フクロモモンガの診療

作成中です。

しばらくお待ちください

デグーの診療

 

作成中です。

しばらくお待ちください

その他小動物の診療

 

作成中です。

しばらくお待ちください

爬虫類の診療

 

作成中です。

しばらくお待ちください