爬虫類の診療

診療案内

 

代謝性骨疾患

 原因

  •  爬虫類のカルシウムの90%は、骨に含まれています。骨は、カルシウム、リン、ビタミンD3(紫外線)、上皮小体ホルモン、カルシトリオール、カルシトニンの相互作用によって作られます。次のような原因で、長期間このバランスが崩れると、骨はカルシウムを蓄えることができず脆くなります。一般にカルシウム、ビタミンDの不足した食事や、カルシウムとリンの比率がアンバランスな食事の長期間給餌、また長期間に及ぶ紫外線照射不足などが原因でおこります。まれに、腎臓、肝臓、小腸、甲状腺、上皮小体の病気によるビタミンDの代謝障害が原因となることがあります。

 
症状

  • 代謝性骨疾患(以下:MBD)は飼育上の問題や、病気にかかった年齢などにより、次にような症状を示します。栄養性二次性上皮小体機能亢進症(食事からくるMBD)、腎性上皮小体機能亢進(腎障害からくるMBD)、線維性骨異栄養症(過剰な骨吸収による骨の線維化)、骨粗鬆症(骨質の低下)、骨軟骨症(二次性の骨の石灰化不全)、くる病(若年性の骨の石灰化不全)や血清カルシウム値の異常(血中カルシウム濃度の変化)、高リン酸血症のような多種多様な症状を示します。骨の線維化や病的骨折が進み、最終的に骨がカルシウムの恒常性(ホメオシターシス)を維持しきれなくなると急速に症状が悪化します。爬虫類が異常な症状を確認するまで数カ月以上経過していることがほとんどのために、治療も時間がかかります。

診断

  • MBDの診断は、主として食事の病歴、および臨床症状から得られます。レントゲン検査及び血清中のカルシウムとリンの値は治療の参考にはなるが、必ずしも診断の上で不可欠ではありません。肝臓や心臓、砂嚢などの内臓肉や、鶏肉や牛肉、挽肉などの多給は、肉食爬虫類においてMBDの最も一般的な原因です。これは、牛の心臓のCa:P比率は1:38、牛の赤身や挽肉では1:16であるからです。
  • 昆虫もCa:P比率が逆転しています。そのため、食虫性の爬虫類や両生類は、同じようにMBDになりやすい。餌として与えられる昆虫は、カルシウムが豊富なエサを与えて育てた物を用いるようにする。または、餌として与える前に、炭酸カルシウムを振りかけた物を与えるようにする。この時、リンが含まれたカルシウム剤は用いるべきではありません。
  • 草食性の爬虫類の食事は、しばしば少量のカルシウムと過剰なリンが含まれています。これらの食事や高蛋白、高脂肪食を長期間与えられた物は、MBDを引き起こします。
  • また、昼行性の爬虫類における紫外線の照射不足は、MBDを発症させます。

予防

  • 次にお話しすることは、MBDを予防するための最も基本的な事柄です。

  • 大部分の草食爬虫類及び食虫性の爬虫類に与える食事に含まれるカルシウムとリンのバランス(Ca:P比率)が、1:1から2:1の比率の食物を主食とします。リクガメの場合は、4:1~6:1ぐらいになるようにします。また、単一にならないように、バランスよく数種類を与えるようにします。高蛋白食、高脂肪食の多給を避ける。

  • カルシウムの代謝に必要なビタミンD3の不足も症状を更に悪化させます。このため、自然光にあててあげることが必要です。できない場合には、フルスペクトルのライトを代用し、週1回ぐらい適量のビタミンD3(コレカルシフェロール)の投与が必要になります。この時、ビタミンDの過剰添加に注意する。LinkIconビタミンDの過剰添加に注意する。

  • 3つ目は、特にリクガメ全般に言えることですが、水分補給につとめる事です。脱水がおきると、腎臓が障害をうける場合があります。特に食欲が無くなったときや熱射病の症状が見られた後には注意が必要です。

 


 

グリーンイグアナの代謝性骨疾患

 グリーンイグアナの代謝性骨疾患の主な症状

 幼若な(若い)グリーンイグアナの代謝性骨疾患

  •  幼若なイグアナで最も多いMBDの状態は、栄養性二次性上皮小体機能亢進症です。 これはカルシウム不足、正常または低い量のカルシウムに伴う過剰なリンなどの不釣り合いな食事と紫外線の欠乏により引き起こされます。

     この症例では、飼育して半年以上たちますが、ほとんど体の成長は見られませんでした。食事は、肉、コオロギ、もやし、レタス、にんじんが主食になっていました。ガラス越しでしか直射日光を当てたことがなく、フルスペクトルのライトも使用していませんでした。 この結果、PTH分泌が増加し、骨中のカルシウムが血液中に移行します。骨は脆くなり、血液中のカルシウム濃度が上がり高カルシウム血症となります。高カルシウム血症が持続すると、軟部組織の石灰化がおこります。

     早期に認められる臨床症状のひとつは、下半身と尾を引きずって歩くことです。さらに症状が進行すると、体の躯幹全体を引きずるようになります。症状の進んだMBDでは、イグアナは体を持ち上げることができず、足だけが空回りするように引きずって動き回ります。

     もう一つの早期に認められる症状に、下顎骨の軟化があります。顎の強力な筋肉により、対称性に横へひろがり、長さが短くなります。また、線維性骨異栄養症にまで症状が進むと、外観上は長骨(特に大腿骨)は肉付きがよく、がっしり見えます。触ると、筋肉はぱんぱんに腫れ上がり、固い感じがします。(大腿部の腫脹

     

    全身の骨の骨密度が低下しています。肺と胃の一部にカルシウムの沈着が認められます。

     

    全身の骨の骨密度が低下しています。肺と胃の一部にカルシウムの沈着が認められます。

 代謝性骨疾患による大腿部のはれ(腫脹)

  •  肉付きが良くなったように見えるが、実際は、線維性骨萎縮による筋肉の攣縮です。痩せた尾の基部と骨盤付近と大腿部とのアンバランスに注目して下さい。

     この症例は、高蛋白食及びビタミンD過剰による腎性上皮小体機能亢進症が主症状です。

 背骨(脊椎)に異常のある代謝性骨疾患

  •   背骨の変形(3カ所)と、それに伴う肋骨の異常、手足(特に前肢)の骨密度の低下が認められます。

     幼若な時期に、高リンで、低カルシウムの虫を主体に飼育され、なおかつ紫外線照射が不足した環境で飼育されたグリーンイグアナです。

 

卵づまり(卵塞)

 原因

  •  卵塞(卵詰まり)は、飼育の不備、不適切な産卵場所、不適当な温度管理、不十分な食事内容、脱水、産卵前の感染やその他ストレスなどの原因が1つもしくは複数存在するためにおこります。

     

 
症状

  •  メスのグリーンイグアナは2年で性成熟に達しますが、通常3年目からしか繁殖しません。交尾も有無に関わらず、無精卵を産む場合があります。通常、1月から5月に20から60個ほどの産卵が認められます。この時期、メスは一般的に腹部の膨満と拒食をします。これは、卵により消化器官が圧迫されるためです。ただし飲水はしますから、毎日新鮮な水をあげて下さい。また、この時期は、採食しないにも関わらず体重は増加してきます。このことから、卵を持っているかどうかの目安にもなります。拒食しているからといって、強制給餌などは絶対にしてはいけません。腸閉塞になるからです。自発的に食べるのであれば、あげてもかまいません。採食しなくなってから3から5週間までには産卵します。それ以上の期間、産卵が認められないようならば、何か障害があると考えるべきでしょう。

     

診断・治療

  •  内科的な治療は、すべて適切な産卵環境を提供した上でなければ効果は期待できません。まずは産卵環境をもう一度見直し、適切な環境を用意してあげて下さい。適度に温かくして人から離れたところにケージをおき、十分の広さの産卵場を用意してあげ、ストレスをかけない環境を用意してあげて下さい。基本的に、物理的に卵塞になっている場合には、内科的に治療を行い、効果が見られないようならば、外科的治療を行います。
  •  爬虫類の場合、ほ乳類のように低カルシウム血症や卵管の収縮不全のために卵塞になることはまれです。卵管の陣痛を誘発するために使用するオキシトシンなどは、生理的に障害がなければ必要ないと言うことになります。トカゲへのオキシトシンの使用は、あまり有効でなく、むしろ副作用の方が大きいように感じています。ただし、カメへの使用は、効果的です。ただし、卵が既に物理的に出ない状況で使用すれば、最悪の場合には卵管は破れ、腹膜炎を起こすことがあるために、注意が必要です。

予防

  •  卵塞は、卵を持つ以前の飼育環境と栄養状態が大きく影響します。特に前回お話ししたようなMBDの状態にある場合には、正常な卵殻は形成されないため、卵塞の大きな原因の1つになります。また、産卵後に卵の残留の可能性のあるものは、次の産卵のためにも確認しておくことが必要になります。可能ならば、産卵の約1週間前にレントゲン検査を受け、卵の状態と数、大きさを確認しておくこともよいでしょう。1番大切なことは、普段から食事や飼育環境を十分に整えて、自力で産卵できる健康状態を維持し、前もって十分な産卵環境を整えてあげることが何よりも必要な事だと思います。

 


 

呼吸器疾患

 原因

  •  リクガメを飼育していると、ほとんどの人が経験する鼻水ですが、鼻炎であることが多く、飼育温度、湿度、床材、ビタミンA欠乏など様々な要因が考えられます。このときに、リクガメの免疫力を高めて、鼻炎の原因となりうる原因を取り除いてあげるだけで治まることもあります。あまり経過を観察することは止めて、すぐに対策を練りましょう。そのためにも、日頃から温度(平均、最高、最低)や湿度はチェックしておきましょう。

  •  鼻水は、細菌性、真菌性、マウスロット、副鼻腔炎、ウイルス性などが考えられます。まずは両方の鼻から出ているのか、それとも片方の鼻から出ているかをチェックして下さい。

  •  

 
症状

  • 片方の鼻からの分泌物がでている場合

  •  片側のみの鼻水の場合、副鼻腔炎の可能性が高いです。少し粘稠性があったり、透明でない場合には、かなり症状が進行している可能性があります。すぐに信頼できる病院で診察してもらいましょう。慢性になりやすく、鼻の中の軟骨が溶けてしまうことがありますから注意が必要ですよ。

  • 両方の鼻から分泌物が出ている場合

  •  鼻からの分泌物は、口から出た多量の唾液による場合があります。この場合の原因は口腔内に潰瘍がある可能性が高いために、一度口の中をチェックして下さい。

  •  最も多い原因が、細菌性、細菌と真菌の混合感染、ウイルス性などの鼻炎です。どれも伝染する可能性が否定できませんので、まず隔離しましょう。そうしないと、飼育しているすべてのリクガメに感染する危険があります。余談になりますが、新しくリクガメを買った場合も同じ事がいえます。どんな伝染性の病気を持っているか判らないですから、最低2-3週間は注意しましょう。

  •  初期状態には、透明で水溶性の分泌物ですが、やがて混濁した粘稠性のある分泌物に変わってくる場合があります。昔で言う「あおっぱな」というやつです。この状態にまで進行すると、一見鼻水が出てないように見える場合もありますが、鼻の穴が詰まっているだけの場合がありますから、よーく鼻の穴を観察して下さい。

  •  また、鼻と目をつなぐ管(涙鼻管)がつまり、眼からの分泌物が見られる場合もあります。これらの症状がみられたら、早急に診察を受けることをお勧めします。次第に鼻の炎症だけでなく、気管、肺まで炎症が進むと、口を大きく開け、あえぎ声をあげながら呼吸するようになります。このような喘ぎ呼吸がみられるとかなり危険な状態となります。

  •  喘ぎ呼吸がみられる場合

  •  このような重度の呼吸器感染の徴候が見られた場合、大変危険な状態ですから、信頼ある病院で治療を受けられることをお勧めします。10分でも早く!!


 

呼吸器疾患

 原因

  •  リクガメを飼育していると、ほとんどの人が経験する鼻水ですが、鼻炎であることが多く、飼育温度、湿度、床材、ビタミンA欠乏など様々な要因が考えられます。このときに、リクガメの免疫力を高めて、鼻炎の原因となりうる原因を取り除いてあげるだけで治まることもあります。あまり経過を観察することは止めて、すぐに対策を練りましょう。そのためにも、日頃から温度(平均、最高、最低)や湿度はチェックしておきましょう。

  •  鼻水は、細菌性、真菌性、マウスロット、副鼻腔炎、ウイルス性などが考えられます。まずは両方の鼻から出ているのか、それとも片方の鼻から出ているかをチェックして下さい。

  •  

 
症状

  • 片方の鼻からの分泌物がでている場合

  •  片側のみの鼻水の場合、副鼻腔炎の可能性が高いです。少し粘稠性があったり、透明でない場合には、かなり症状が進行している可能性があります。すぐに信頼できる病院で診察してもらいましょう。慢性になりやすく、鼻の中の軟骨が溶けてしまうことがありますから注意が必要ですよ。

  • 両方の鼻から分泌物が出ている場合

  •  鼻からの分泌物は、口から出た多量の唾液による場合があります。この場合の原因は口腔内に潰瘍がある可能性が高いために、一度口の中をチェックして下さい。

  •  最も多い原因が、細菌性、細菌と真菌の混合感染、ウイルス性などの鼻炎です。どれも伝染する可能性が否定できませんので、まず隔離しましょう。そうしないと、飼育しているすべてのリクガメに感染する危険があります。余談になりますが、新しくリクガメを買った場合も同じ事がいえます。どんな伝染性の病気を持っているか判らないですから、最低2-3週間は注意しましょう。

  •  初期状態には、透明で水溶性の分泌物ですが、やがて混濁した粘稠性のある分泌物に変わってくる場合があります。昔で言う「あおっぱな」というやつです。この状態にまで進行すると、一見鼻水が出てないように見える場合もありますが、鼻の穴が詰まっているだけの場合がありますから、よーく鼻の穴を観察して下さい。

  •  また、鼻と目をつなぐ管(涙鼻管)がつまり、眼からの分泌物が見られる場合もあります。これらの症状がみられたら、早急に診察を受けることをお勧めします。次第に鼻の炎症だけでなく、気管、肺まで炎症が進むと、口を大きく開け、あえぎ声をあげながら呼吸するようになります。このような喘ぎ呼吸がみられるとかなり危険な状態となります。

  •  

診断・治療

  •  内科的な治療は、すべて適切な産卵環境を提供した上でなければ効果は期待できません。まずは産卵環境をもう一度見直し、適切な環境を用意してあげて下さい。適度に温かくして人から離れたところにケージをおき、十分の広さの産卵場を用意してあげ、ストレスをかけない環境を用意してあげて下さい。基本的に、物理的に卵塞になっている場合には、内科的に治療を行い、効果が見られないようならば、外科的治療を行います。
  •  爬虫類の場合、ほ乳類のように低カルシウム血症や卵管の収縮不全のために卵塞になることはまれです。卵管の陣痛を誘発するために使用するオキシトシンなどは、生理的に障害がなければ必要ないと言うことになります。トカゲへのオキシトシンの使用は、あまり有効でなく、むしろ副作用の方が大きいように感じています。ただし、カメへの使用は、効果的です。ただし、卵が既に物理的に出ない状況で使用すれば、最悪の場合には卵管は破れ、腹膜炎を起こすことがあるために、注意が必要です。

予防

  •  卵塞は、卵を持つ以前の飼育環境と栄養状態が大きく影響します。特に前回お話ししたようなMBDの状態にある場合には、正常な卵殻は形成されないため、卵塞の大きな原因の1つになります。また、産卵後に卵の残留の可能性のあるものは、次の産卵のためにも確認しておくことが必要になります。可能ならば、産卵の約1週間前にレントゲン検査を受け、卵の状態と数、大きさを確認しておくこともよいでしょう。1番大切なことは、普段から食事や飼育環境を十分に整えて、自力で産卵できる健康状態を維持し、前もって十分な産卵環境を整えてあげることが何よりも必要な事だと思います。

 


 

メスのウサギには避妊手術を受けさせましょう!

ウサギに避妊手術がなぜ必要なのか?

 
 出産の予防

  •  かわいいペットの子供が欲しい方は、避妊手術する必要はないのですが、ウサギは1年中繁殖することが可能で、年に5~6回ほど妊娠と出産を繰り返すことがあります。

  •  そして、交尾刺激によって排卵するので、一度交尾するとかなり高い確率で妊娠します。

子宮と乳腺の病気が多い

  •  動物は、妊娠していないときは、女性ホルモンのうちエストロジェンというホルモンが優位になり、妊娠しているときはプロジェステロンというホルモンが優位になります。

  • 野生では、この2つのホルモンが交互に活発になりますが、ペットのうさぎでは妊娠する機会がないので、エス トロジェンが常に優位になっています。この不自然なホルモンバランスによって、子宮や乳腺に病気が引き起こされます。

  •  子宮の病気としては、子宮内膜過形成、子宮腺腫、子宮腺がん、子宮筋腫、子宮水腫などがあります。

  •  飼い主の方が気づく症状として最も多いのは、血尿です。そのほか、おなかが大きい、食欲が低下しているなどですが、無症状の場合も多いです。うさぎの子宮の病気は、犬や猫に比べても、かなり高い頻度で発生します。

  •  3才以上のうさぎの50%以上が、5才以上のうさぎの80%以上が、子宮に何らかの病変を持っていると報告されています。実際に、症状が全くない3才以上のウサギに、画像診断をした場合、9割以上の子宮に問題がありました。そのため、症状がまったくなくても、予防的に避妊手術することが重要になってきます。 

乳腺の病気の予防

  •  乳腺の病気としては、乳腺のう胞、感染性乳腺炎、乳腺がんなどがあります。いずれも、卵巣から分泌されるホルモンの不均衡が原因であることが多いです。
  •  初期の乳腺のう胞、乳腺の腫脹は避妊手術をおこなうことで治りますが、大型の乳腺のう胞や乳腺がんは、手術をして切除する必要があります。

偽妊娠の予防

  •  避妊手術をしないことによるホルモン異常に起因する症状としては、偽妊娠があります。

  •  偽妊娠は、肉垂の毛をむしる、巣作り行動、乳汁の分泌などが見られ、通常は2週間程度で終わります。

  •  また、ホルモン異常によって精神的に不安定になり、攻撃性の増加などがみられることもあります。

以上のような問題が多く見られるため、生後半年ほどで避妊手術(子宮卵巣摘出術)をすることをおすすめします。


 

ウサギの避妊手術

ウサギの避妊手術の時期

  •  避妊手術は、全身麻酔をかけて卵巣と子宮を摘出します。できれば1才までに手術することが理想的です。それ以降は、子宮疾患の合併症により術後の回復が長引いたり、腹腔内の脂肪の量が多くなり、手術時の傷の大きさが大きくなる傾向があります。

ウサギの避妊手術後の注意点

  •  手術後は、繁殖に対するストレスがなくなり、基礎代謝が下がりますので、体重が増えやすくなります。

  • ペレットや生野菜を与える量を少し減らして、体重管理に気をつけてください。

  •  また、ホルモンストレスが少なくなるため、攻撃性が少なくなり飼いやすくなることが多いです。また、偽妊娠を繰り返すこともなくなります。

  •