一宮市のよしむら動物病院は求人募集中です -動物看護師を募集中- お問合せ・・・0586-62-8021

一宮市のよしむら動物病院は求人募集中です -動物看護師を募集中- お問合せ・・・0586-62-8021


診療案内 猫の診療と予防

子猫を家族に迎えたら


子猫をお家にやってきたら

 7日ほどで自宅の環境に慣れてきて、子猫の様子が落ち着いてくると思います。なるべく早いうちに、健康診断と糞便検査のために動物病院にご来院ください。健康診断と糞便検査を行った後に、今後、必要なことの予定表を作成します。
 はじめてご来院いただく場合には、できればその日にした便(ティッシュや紙で包まずに、ビニール袋やチャック付きポリ袋に入れてきてください。)と、今までのワクチン接種証明書をご持参ください。もしワクチンを接種したはずなのに証明書を持っていない時は、購入したペットショップやブリーダーからもらっておくと良いと思います。小さいときは、お腹の中に寄生虫が感染していることが多く見受けられます。場合によっては、人に感染する寄生虫もありますので、小さなお子様や年配の方がいるご家庭は、とくに配慮が必要でしょう。
 

予防時期 予防項目
生後1ヶ月 はじめての健康診断と検便(予防計画表を作成します)
生後2ヶ月 1回目の混合ワクチン
生後3ヶ月 2回目の混合ワクチン・フィラリア予防やノミダニ予防
生後6ヶ月頃 避妊手術・去勢手術
2才以降 忘れずに1年に1回の追加接種


子猫の予防スケジュール

混合ワクチン

 母猫の初乳に含まれる免疫(移行抗体といいます)によって、子猫は生後2から3ヶ月ぐらいは、感染症から守られています。しかし、2ヶ月から3ヶ月ほどしか、この免疫は続きません。免疫がなくなると、子猫は伝染病やいろいろな感染症にかかる危険性がでてきます。この移行抗体をもっている期間は、それらの病気にかかりにくいという利点はありますが、同時に混合ワクチンを接種しても、効果が得られない時期でもあります。そのため、何回か混合ワクチンを正しい時期に接種することが重要になります。
 混合ワクチンとは、いくつかのウイルスと細菌に対するワクチンが、1本のバイアルに混合されたものです。猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症の3つの病気に対しての抵抗力(免疫力)ををつけて、これらの病気を予防させるものが、3種混合ワクチンです。そして、、猫白血病ウイルス感染症、猫クラミジア感染症を加えたものが、5種混合ワクチンです。

はじめてのワクチン 生後6〜8週齢(1回目)
2回目の混合ワクチン 生後12週齢。または、前回から3週間後(2回目)
2才以降 忘れずに1年に1回の追加接種
 
上に記したワクチンスケジュールは、目安です。実際には、来院されたときの状態に応じてスケジュールを組みますので、今までに接種したワクチン証明書をご持参ください。
 

フィラリア検査  はじめての春を迎えたら

 予防薬を5月から12月まで毎月行います。体重に応じて薬の大きさが異なりますので、月に1回体重測定して、お薬を処方します。首の後に滴下する薬が一般的ですが、内服薬もあります。
 

ノミダニ予防 

4月から11月まで、月1回、首の後に滴下する薬で予防します。
ノミやマダニは吸血するだけでなく、伝染病や寄生虫を運んできたりします。
中には人間にうつる病気もありますので、是非予防をしておいたほうがいいでしょう。